So-net無料ブログ作成
検索選択

【信越五岳2013】記録 [信越五岳2013]

P1040370.JPG

気持ちの整理に時間がかかりました。2年越しの目標であった信越五岳。

第2関門でタイムアップ。リタイアとなりました。
笹ヶ峰牧場でカウントダウンの声を聞きました。
あと少し、されどだめなものはダメ。

自分なりに原因を考えておこうと思います。

前日のコースガイダンス、プロデューサーの石川さんからも
長丁場なのでおさえて走るようにとありました。
はじめての100kmオーバー。ゴールまで体をもたせることを第一に考えました。

台風接近のニュースの中。
スタート直後はなんとか曇りでした。
野尻湖もこの景色。期待していなかったのでうれしかった。
P1040393.JPG

斑尾山を超えたあたりから雨が降り出しました。
斑尾山から2Aまでの下りはずるずる滑る泥道となり、
予想以上に時間がかかってしまいました。

体を冷やすことを嫌い、早めに雨具を準備。
結果、蒸し暑さで何度も脱ぎ着することになり、
ペースを大きく乱しました。
思い返すと、周りのランナーはそのまま走っていたように記憶しています。

3Aまでは想定より少し遅れている程度。
気持ちではまだまだ余裕だと思っていた。

ここからは有名な関川沿いの長い林道。
半分歩き、半分走りで考えていましたが、ここが最初の間違い。
ここは、走るが正解。

4Aを過ぎると、だらだら長い林道の登り。
のぼりが苦手な私は、ここを歩きすぎた。
ここもできるだけ走るが正解。

そのあと、吊橋を過ぎてつづら折りの急登。
登り終えると、間もなく笹ヶ峰牧場。
第2関門の5Aも目前。
しかし、制限時間も迫っており、走り出すもほぼ歩きに近い状態。

結果、間に合わずリタイア。

やはり110kmという長い距離。
丁寧に作戦を立てることが大事だと痛感。
どこでどのくらい休む、走れる区間とそうでない区間。
その時の体調にあわせていては完走は難しい。

信越完走にはフルマラソンベストタイムのときと同じようなコンディションは必要。
今回は完全に負け試合でした。
来年は0関門からの参加。
帰宅後、家族に来年出直せばいいじゃないと言われたことがうれしかった。
また1年かけて準備したいと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。