So-net無料ブログ作成
検索選択
ハセツネCUP2013 ブログトップ

【ハセツネCUP】出走レポ ゴールまで [ハセツネCUP2013]

月夜見駐車場を出ると、広いトレイルの急な下りが迎えてくれます。

足場の悪い、ツルツル滑る路面も現れ、慎重に進めます。
時間も夜の深い時間になり、
気温も明け方に向かって低くなります。
それに伴って、胃腸も冷えはじめ、

とうとう、胃の調子がおかしくなります。
食べ物を口にすると気持ち悪くなります。
すでに胃の中にはほとんど何もないので、ずっと気持ち悪いのが付きまとう感じです。

おそらく、冷えと疲れが原因と思います。
私は仕事が夜遅いので、
深夜の行動は平気なのですが、体調に合わせて、
眠気が襲ってきます。

とうとう、誘惑にまけてベンチに横になってしまいました。
ライトを消すと真っ暗闇。
気が付くとどのくらい寝てしまったかわからない状況。
非常に焦る、もしかしたら数分なのかもしれない、数十分なのかもしれない。
冷静に時計を見ることもできなくなっていました。

やってしまった事は仕方ないので、
もくもくと先に進むことにします。

御前山到着3:30
最初に設定した目標時刻への貯金が30分に縮まっていました。
眠気とのたたかいで、やっとたどりついた大ダワ到着が4:55

大岳山の岩場につくころには明るくなっていました。
大岳山山頂到着6:25
明け方の景色が素晴らしかった。
富士山も見え、初めて景色を楽しむ時間だった。

とにかくゴールしたかった。
どうせ食べ物も受け付けないので、必要ないものは全部ザックにしまい
ひたすら前に進む。

御岳山、日の出山、応援のみなさんの声が本当にありがたい、
でもお礼の声が出ないほど、消耗していました。

金毘羅尾根もなだらかな下り、最後の気持ちで走りなのか歩きなのか
とにかくできるだけ早く足を出す。
ここで5名程度の集団ができていました。
みんな疲れているのか、お互いに先を譲ったり譲られたりしながら
引っ張り合って先に進みました。

最後のロード。
走り終えた選手の方たちでしょうか、
「ナイスラン」の声が本当にうれしい。

とうとうゴール。
どんなポーズでゴールしようかと考えていましたが、
いつの間にかゴールしてました。

本当に大変な21時間でしたが、
自分と向き合う楽しい時間でもありました。
終盤、自分はトレイルランに向いていない、ウルトラに出る資格なんてないよ。
と自分を責めていました。
今でもそう思うことがあります。

ITJの抽選にも外れてしまいましたが、
安心している自分がいることに気づきました。

しばらくは短いトレランや登山で楽しむことをやってみようかと思います。
トレランレースもエントリーしているものはなくなりました。

春まではロードで走力を高める練習に励みたいと考えています。

ハセツネは素晴らしい、伝統ある大会です。
また出たいとも思います。

高速化とか、いろんなことが言われていますが、
大事なのは楽しめて参加できるかどうか。

次のウルトラチャレンジがいつになるのかわかりませんが、
その時に楽しめるようにトレーニングします。

帰りはつるつる温泉によってから帰宅しましたが、
武蔵五日市の駅で隣り合わせた選手の方がいました。
ものすごい引き締まった足で、見惚れてしまうくらい。
かばんには「東」という名札が、、、そうです、優勝した東選手でした。

最後に大会の関係者の皆さん、大きな声で応援してくれた皆さん、
ボランティアの皆さんに感謝感謝の気持ちを伝えたいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

【ハセツネCUP】出走レポ 第二関門出発まで [ハセツネCUP2013]

今回はカメラを持たず、写真とか余計なことを考えず
ゴールすることに専念することにしました。

スタートしてからは、流れに沿って進むだけ。
準備していた通り、いつ、どこで補給するのかを考えながら、
広徳寺からの渋滞も今熊神社周辺の渋滞も
「こんな風になるんだ~」と客観的に見ていたほど。

少しずつでも進んでいたのでストレスはなかった、

醍醐丸到着が16:05

しばらくすると暗くなりはじめ、
STY以来のナイトトレイルが始まりました。
確か軍茶利あたりでライトとアームカバーを付けたと思います。
今回はヘッドライトのライト1つとしました。

第一関門浅間峠到着が18:59
トイレに並びながら、
ハイドレのドリンクをボトルに入れ替え、
実はハイドレのホースを忘れてしまい、
ただの水タンクになっていました。
当初、ボトルだけにしようかと考えていたので、
そこまでビビるほどのトラブルにはなりませんでした。

パンを食べて、CLIFバーをかじり、ストックを取り出し
10分で浅間峠を出る。

ハセツネはエイドがないので、誘導の方の応援がうれしい
関門での応援で本当に安心する
それを求めて前に進む自分がいました。

遠くに声が聞こえてくると嬉しくて頑張ってしまう感じ。

笛吹峠、西原峠、そして大ボスの三頭山
ものすごい登りを覚悟していたのでこの辺りはほぼ無意識。
避難小屋で腰を下ろして休む。

その後も、もくもくと進み、三頭山到着23:12

水は十分に節約できていて、
第二関門まで行けると確信。まだ胃も大丈夫。
月夜見を目指します。

第二関門月夜見山第二駐車場到着1:14

ここでは座り込んでこの先の進み方を考えることに。
この辺りで寒さを感じるようになりました。
水をペットボトル2本、ポカリを1本もらい
10分くらい横になって休憩。

この先、とうとう胃の調子がおかしくなってきます。
ここまで順調に進んできたので、
何事もないようにと祈るばかり。

惣岳山、御前山を目指します。

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

【ハセツネCUP】出走レポ スタートまで [ハセツネCUP2013]

2013年10月13日‐14日
日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参加しました。
なんとかあきらめない心で21時間20分でゴールしました。

信越のDNFから自信をなくし、意気消沈していた私。
この悪い空気をなんとか払拭したいと慎重かつ丁寧に準備しました。

とはいえ、試走は結局1回だけしかできなかったので、
アートスポーツのコース分析を参考に地図に情報を細かく書き込み、
想定タイムは距離だけでなく高低図も参考にして算出。
これも地図に書き込む。
想定時刻は20時間。遅いくらいでいい!完走目的で。

補給食は3つに分けて、薄皮パン(チョコ)とCLIF。ウィダーゼリーを2つ
あとはこれまでのレースで残ったジェルとスニッカーズミニを
ポーチに入れた。
前日夜にこれだけを準備し、
とにかく、いきあたりばったりのレースにならないようにと心掛けました。

受付は10時から、スタートは13時。
最寄駅を7時57分発の電車に乗り、10時30分頃に受付会場に到着。

五日市中学校の体育館はすでに満杯。
体育館の入り口で着替え、朝食をとる
おにぎり3つとバナナ1本。食欲はなかったが、
これからの長丁場のために無理やり食べる
用意していたパンが余ったのでとりあえずザックに突っ込んでおいた。
20時間近いレースになるので、余るくらいでちょうどいいと考えていた。

まだ時間は1時間以上あるので、混雑する中学校を避けて、
隣の小学校へ移動し、木陰でストレッチしながら過ごす。
気持ちよい時間。

だんだんと上がっていく気温にびくびくしながら、
最後まで悩んで結局、装備した水は
ハイドレに薄めたポカリ1.5リットル
500のペットボトルに水を2本
朝食で残ったお茶と
合計約3リットル位準備。

となりの女性は4リットル持つと言っていた。
これは個人差があるので、周りを気にせずに
自分に必要な量を持つべきだと思った。

新しい発見としてポカリよりも、お茶がよいことがわかった。
何より気持ち悪くならない。
次のレースには水と緑茶にしようと思った。

荷物の預かり場所はないので、小学校の体育館に置かせてもらって
こんな時に仲間がいる人たちがうらやましくも感じる。
30分前にスタート地点へ移動。

ここで、以前の職場の上司と再会。
UTMB目指して、昨年からトレランを始めたらしく。
絶対に完走しようと話して別れた。

ハセツネは名物の渋滞があるので、
設定時間よりも前に並んだほうがいいよアドバイスをもらい
16時間のカードに直後に並ぶ。
これも遠慮せずに、もっと前でもきっとよかったと思う。
12時間の列にならんだ先輩は私と1時間差のゴールだった

緊張はしていたが、
天気がすばらしく、澄み切った青空が
不思議と心を落ち着かせてくれていました。

写真.JPG

にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
ハセツネCUP2013 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。